2020.01.31

サーフィンSURFINGのススメ(22)

CATEGORY :

新年1発目のススメブログ!前回の(21)に続き今回訪れた備忘録を、3部作くらいで締めたいと思います。綴ってみないとわからないところもあるので「(仮)カリフォルニア撮影ツアー第1弾」と称して綴っていきたいと思います。最初に言っておきますが、本当に朝早くから晩までみっちり移動と撮影をこなし、ミーティングもあったので食事の写真やなんか気の利いた写真が見返してもあまりないのです。(笑)どういうススメになるのかと自分も不安なところもありますが、お付き合いください。波乗りも2日間のみ!(ホントです笑)2ラウンドのみ。合間にやったのみなので、これまた写真少ないんです汗。でもスペシャルな波に出会うことが出来ました。

今回の旅の大きな目的も、2020年春夏コレクションのLOOK BOOKの撮影!前回訪れたマリブでのスペシャルな撮影はやはりディーラーの皆様、そしてお客様にも喜んでいただきました。またサカエを個人的に知る友人から連絡があったりと繋がりを感じるコトばかりだったんですね。またその時にはマリブのみでの撮影というコトもあり、もっといろんな場所で、TURN ME ON®のコレクションをモデルと共に撮影し、写真として残したいという思いがあったのです。急遽ではありましたが時間を工面し旅へと踏み切りました。また弊社が代理店としてディストリビュートしているUNIV(ユニブ)ブランドとのミーティングも兼ねていました。あとは下見を?しておきたいイベントが数件あったんですね。UNIV(ユニブ)はサンディエゴの手前にあるお洒落なタウンであり、素晴らしいブレイクのあるエンシニータスのと真ん中に位置するセレクトショップなんです。2006年よりスタートされたこのブランドも全米に拡大されていったこともあり、数々の有名セレクトショップに取り扱われました。彼らクルーとのミーティングはいつも彼らのショップの中でざっくばらに行います。お互いの見ている状況と、それぞれの国におけるアパレル業としての見解や、流行、スタイル等を話合います。セールスの話ももちろんしますが、多くはお互いの意思疎通が目的です。お店はいくつかのブランドをセレクトしながらブースごとに展開をし、エアストリームがあり、パーティが出来るようなスペース、バーバーがショップの敷地内にあります。とても様々なお客様がひっきりなしにお店を訪れるんです。

チケットの手配、滞在場所、サカエのスケジュールチェック、ミーティングのアポイント、撮影場所のイメージとサンプルの組み合わせ、コーディネイト、サーフボードの持参するしない笑など、決めなければならないことがたくさんありました。まあ、それはそうですよね笑。まあバタバタと日常の業務をこなしながらなんとか予定を立てていきました。「あれ、パスポート有効期限、、、」とか。エスタは?とか、国際免許!「全然、アポイントのメール返信来ない、、、」「電話にもでない、、、」などなど、問題は山積みで笑。あとは得意の現地でなんとかなるっしょ!です笑。一番最後まで気にかけていたのは、天気です。どうやら週間天気予報はほとんどが雨、雨、雨?カリフォルニアで雨?しかもほとんど。向こうに住んでる後輩に聞いてみても「最近、雨ばっかりっすよ~。どしたんすか?」みたいな。「撮影でそっち行くんだよね~。」「ああ~…」笑。これも異常気象なのか。雨が降っちゃうと、もうすべてがとは言いませんが、あの独特の素晴らしい光がなくなってしまうんですよね。意味が無くなっちゃうんですよ。そして、あまり雨が降らないこともあってすぐに下水が溢れちゃって、それが海に流れこんじゃうんですよ怖。そんなとこで波乗りできないっすよね。毎晩のニュースでも流れるくらいなんですよね。「明日は海バクテリア注意ですね~。」みたいな笑。いやいや波乗りにいってるわけではありませんから。それはまあ良しとしますが、でも、ねえ。サーフィンのススメなのに、ねえ笑。カリフォルニアに行って、波乗りしませんでしたって。残念過ぎますよね。とはいえ、天気はどうにもなりませんから、もう行くしかないですもんね。あまり当てにならないアポイント(カリフォルニアあるある)も取れたし、チケットもサカエも全てできることはやりました。泊まるところは2日間くらいは押さえておいて、あとは現地で予約することに。サンプルもチェックしながらスーツケースにがっちりと詰め込み、コーディネイトに使うシューズやアクセサリーもいろいろ揃えたし、板は友人が貸してくれるし、ウェットスーツさえ忘れなければ!笑。祈るしかないのだけれど、期待するのはこの天気!ブルースカイ!

続きます!!!

California Trip!

Turn me on!!!